Osaru's Diary

March 2002

最新

 3/1(金) 掃除

今日はお掃除やさんが来る日。
掃除に9時から5時までかかるというので私は一日休み。それに、おさるを送って戻って来るには時間がきついので結局二人でお休み。

9時頃お掃除やさんが3人で来て早速掃除を始める。台所、風呂、洗面所*2、トイレ*2、窓、網戸の掃除をお願いしてある。
私とおさるはする事もないのでボーっとテレビを見る。
お昼になりお掃除やさんがお昼休みに出かけたので、私たちも車でお出かけ。毛布やシーツなどを大型コインランドリーに入れる。常駐しているおばさんに洗濯機から乾燥機へ移しまわしてもらうのをお願いする。この量だと乾燥どれくらいの時間で大丈夫ですか?と聞いたら「30分でいいですよ」と言われたのでプリペイドカードを渡し30分乾燥をお願いする。
回転寿司でお昼を食べて戻ってきたらちょうどいい時間にお掃除やさんが戻ってきた。

そしてまた二人はボーっとテレビを見るが、お掃除やさんは黙々と仕事を続ける。テレビも見飽きた・・・。
2時頃大型コインランドリーに洗濯物を取りに行く。乾燥機からだそうとしたらまだだいぶ湿っている。ちっ。「いっぱいだから湿ってるかもしれないよ」とおばさん。だから聞いたんだろ!
また20分ほど回し、その間にコンビニでおやつをお買い物。
小さいベイブレードのお菓子(チョコフレーク、シューター付き)があった。丸いチョコスナックのやつは何個か買ったけど、ベイとシューターとチョコフレークがついているのは初めて見たのでついそれを買ってしまう。それにシュークリームを買ってコインランドリーに戻る。乾燥が終わるのを少し待ち、出来上がったら帰宅。

帰宅後シュークリームを食べ、おさるは今日買ったお菓子からおもちゃだけ出して遊ぶ。
このベイブレード小さいながらもそれなりに回るから楽しそうだ。

5時頃掃除が終わり、一通り確認の後代金を支払い、ありがとうございました。
台所はまあまあきれい、トイレ・洗面所・風呂はこんなもんかな、元々汚いところがきれいになると「掃除してもらった!」と言う感じがする。窓がきれいになって外の景色が違って見える。今までよほど汚かったのだろう。
これだけの量を1日でやるにはさすがに無理だからやはりやってもらって良かったのだろう。ためなければ良かったのだけど・・・。

いよいよ明日は引っ越しだ。

2002年3月1日 23


 3/2(土) 引っ越し

9時頃ピアノだけ先に届く。
おさるが触りたそうにしているのでふたを開けてあげたら早速でたらめに弾く。でたらめだけどピアノの音はいいね。
11時頃に、今度は荷物が届く。
荷物のほとんどが本と服のようだ。それにタンスと本棚(2つ)がある。本人は家の掃除をしてから来ると言っていたのでとりあえず引っ越しやさんに適当に運んでもらう。この量だとしまいきれないかも・・・。それに、聞いた寸法ではクローゼットの中にタンスが入るはずなのに入らないし・・・。

彼女が来て遅い昼食を食べた後は引っ越し荷物の整理。タンスはやはり入らなかったので寝室に置くことになってしまった。
本を本棚に入れるが山ほどある文庫本すべてにカバーがついているのに、外国ものと日本物に分けろとめんどくさいことを言う。引っ越しのためだいぶ処分したと言っている割には多すぎ。文庫本はすべて3列にしないと入りきれないし。

夕方には大体終了。
まだ入りきれないものが段ボールのまま残っているけど、入れるところがないのでとりあえず今日はここまで。

2002年3月2日 22:40:14


 3/3(日) ハイテンション

昨晩は、ものすごくハイになっていたおさる。これは眠いんだろうなと思いつつも寝るのが遅くなってしまった。
布団に入ってからは全然寝ない。寝たかと思って寝室を出ると後を追いかけてくる。それを数度。その割に朝はちゃんとギアの時間に起きて一人テレビ。
興奮しすぎたのかな?

2002年3月4日 21:55:51


 3/4(月) 春

早番なので6時20分に家を出ていったようだ。5時の目覚ましの音は覚えているのだが・・・。
7時頃、いないのが心配だったのか「ママは?」と起きてきたおさるが私に聞く。お仕事だよ。と教えてあげると納得したようで「ふーん」。

保育園で布団カバーをつけていたら「おさる君のお父さん。今日からお昼寝ないんですよ」とお友達のお母さんが教えてくれた。そうだった・・・。おさる達クラスは小学校に向け今日からお昼寝がなくなったのだ。
これから月曜の朝が楽になる。そんなに数は残っていないけど。

今日クラスの中のグループ替えがあったようだ。
今までの柿の葉(劇のため)グループから春グループに変わった。そして同じグループのメンバーを見ていたら、赤ちゃんの時からずっと一緒の子達ばかり。
それを見ただけでなぜかウルウル。これじゃぁ卒園式やばいぞ。

2002年3月4日 21:55:57


 3/8(金) 耳たぶ

以前テレビで耳たぶをならす人が出てきた。大きな耳たぶがパチンとなるのにビックリしたおさるは、それ以来大きな耳たぶにあこがれている。(笑)おさるの耳たぶは私よりも大きいのだけどもっともっと大きくなりたいらしい。
おさるの片方の耳たぶを下に引っ張ると、左右不揃いになってしまうと思っているらしく反対側を自分で引っ張る。それがおもしろくてつい何度も引っ張ってしまう。そのたびに反対の耳たぶをを引っ張られた回数だけ自分で引っ張る。試しに耳たぶを上に押し込んだら、やはり反対側も押し込んでいた。まじめな顔をしてやるからまたおかしい。

今朝なかなか起きなかったので、耳たぶを引っ張ったら眠くて目が開けられないくせに反対側を引っ張り直す。おかしくて朝から何度も耳たぶを引っ張ってしまった。

いよいよ明日は結婚式だ。

2002年3月8日 21:35:13


 3/9(土) 結婚式

お昼頃、親戚達が式場に着いたとの連絡があったのであわてておさるの支度。
以前おじいちゃんに買ってもらった服を初めて着せる日がやってきた。なかなか格好いいじゃん。
彼女は木曜日から実家に帰っているので、二人でタクシーに乗って式場へ。おさるは自分のリュックサックに最近はまっている折り紙と折り紙の本を入れて持って行く。

久しぶりに会う親戚に固まるおさる。それで黙々と折り紙・・・。滅多に会わないからどうしても最初はいつもこうなってしまう。そしてしばらく一緒にいてうち解けてきた頃にはいつもバイバイだからしょうがないね。

3時頃彼女が和装に着替え終わり出てきたら、保育園のお友達とお母さん達がわざわざ来てくれお花や手紙をくれた。どうもありがとうございました。

式や披露宴では、おさると別の所にいたのであまり様子が分からなかったけど、披露宴で和装から洋装に変わり各テーブルを回るときに新しいママのドレスの裾を持って一緒に回ってくれた。

披露宴が終わり婚姻届を市役所に提出し、これで新しい3人の家族となった。
みなさんありがとうございました。

2002年3月16日 18:07:40


 3/10(日) 準備

土曜日に家具類が来るので今使っている食器棚から食器を出したり、旅行の準備をしたりとあわただしく過ごす。


 3/11(月)-14(木) 新婚旅行

時間にだいぶ余裕を持って朝5時半に車で飛行場へ。
朝ご飯を食べ、折り紙したり双眼鏡で飛行機を見たりしてのんびりと出発の時間を待つ。

予約の時から飛行機が全く取れなかっただけのことはあり沖縄行きの飛行機がものすごく混んでいる。贅沢をしてスーパーシートで行こうとしたが、スーパーシートはすでにキャンセル待ち。キャンセル待ちでとりあえず3つ確保できたけど席がものすごくバラバラだったので泣く泣くあきらめる。(涙)

このところものすごくハイ状態で良くしゃべるおさる。朝起きてからすでにハイな状態になっていて寝る寸前までしゃべり続けている。飛行機の中でもママにずっとベラベラと休むことなくしゃべり続けるおさる。

沖縄に着いたのはお昼頃。
レンタカーに乗ってまずはおさるが大好きな鍾乳洞へ。そこでもベラベラと鍾乳洞の説明をママにする。でも、ホテルに向かう高速道路でやはりウトウト。沖縄の高速道路ではいつも寝ているおさるだ。

大きなホテルホテルは今まで泊まったことがないところ。
大きなホテルだが部屋はそんなに広くなかった。広いところで予約が取れなかったというのもあるが。
テラスの壁が片方にしかないので隣の人がテラスに出ているとなんか気まずい感じ。

おさるは興奮しすぎたのか夜なかなか寝なかった。

------------

走り回る

毎日天気が良かったのでビーチで砂遊び。
おさるは水着になって、水辺を走ったり、まだ冷たい海に入ったりとご機嫌に動き回る。
強い日差しでおさるの背中は真っ赤。私も顔や腕が赤くなった。

ほとんど夜はホテルで夕ご飯。
おいしいものをいっぱい食べた。

------------

帰りの飛行機は夕方発。
またスーパーシートをキャンセル待ちするがやはり近くの席が取れなかったので、また泣く泣くあきらめる。
東京に着いたのは夜の8時半頃。さすがのおさるも連日いっぱい遊びすぎたので帰りの車の中ではグーグーと寝ていた。お疲れさまでした。

2002年3月16日 22:22:06


 3/15(金) 諸手続

疲れているおさるには申し訳ないけど今日はいろいろな手続きに回るので保育園へ。
3人で先生達に挨拶をした後クラスへ。
私とおさるが先にクラスに行くと、結婚式の時に来てくれた女の子達が寄ってきて「F先生きれいだったー」と話してくれるが、ママが来たらとたんにそちらへ。ママのところへ教え子達が集まりワイワイガヤガヤ。すると男の子達が私のところへ来て「おさる君のお父さんF先生と結婚したの?」「結婚式でおいしいご飯食べた?」「天ぷら食べた?」(笑)と次々に質問が飛んでくる。

おさるにバイバイして、役所や警察などをグルグルと回る。
最後にママの実家へ行き挨拶をした後、ママは自分の車で職場へ。今日は担任決めの会議らしく休みだけどそれだけ出席。
私はおさるをお迎えに行き、夕食を買って帰宅し食べ、学童の説明会におさると出かける。

9時頃会議が終わったママが帰ってきた。
やはり今日はあわただしい一日だった。

今日は、下のクラスの子達と一緒に卒園式の練習をしたようだ。
「卒業証書授与が難しいんだよ。先生から紙もらったら、それを持ってパパやママが立っているところに行ってパパかママに渡すんだよ」と話してくれる。パパに渡してくれるとうれしいな。とおさるに言ったらと、「パパは赤ちゃんの時から育ててくれたからパパに渡すよ」と優しい言葉。そんなこと言えるようになったなんて・・・。
卒園式は3/19。

2002年3月16日 22:46:31


 3/16(土) 机

今日は家具が届く日。
のんびりと寝ていたら8時半頃家具の配達ところから電話で9時半に来るとのこと。あわてて朝食を食べ片づけ。

9時半頃家具屋さんが来た。
ベッド、食器棚、学習机、私のイスといっぱい家具が届いた。
おさるは学習机が組み立てあがったら早速マットを敷きたい様子。もちろんマットはベイブレード。
でも「ありがとうございましたって言ってからだよ」とすべてが終わるのを待たせる。
そして全部の家具が設置し終わって家具屋さんが帰ったら、すぐにマットを取り出し机の上に敷く。おさるにとって机とはこのベイブレードのマットがあってこそのようだ。(笑)
それから、ぼちぼちと買い始めている文房具を開封し始める。今のところすべての文房具がベイブレードだ。(笑)
鉛筆削りの使い方を教えてあげ、初めての鉛筆削り。そして削った鉛筆をふでばこに入れていく。もうすぐだ・・・。

2002年3月16日 22:46:38


 3/19(火) 卒園式とママ

今週は出勤/休みの繰り返し・・・。

今日はおさるの卒園式。
長かったような短かったような6年であった。私にしてみれば6年なんてほんのこの間だけど、おさるにしてみればこの6年が今の人生すべて。
これから続く学校生活やその後の大人としての生活はまだまだ未知の世界。これからまだまだいっぱいいろいろなことができすごくうらやましい。

だいぶ早めについた保育園で待っていると、格好いい服やかわいい服を着たお友達が次から次へとやってくる。しばらくしたら、今度は以前お世話になった先生達がクラスにお見えになり挨拶。
そして、親たちは子供と別れ卒園式会場のホールへ。
質素な会場だが、子供達が6年間遊んできたホールで行う卒園式は感慨深いものがある。
その保護者席に二人並ぶ。

しばらくして式が始まる。
保育年数が長く、月齢の早い順にならんで子供達がやってくる。おさるは4番目だ。緊張した顔をして入ってくるが、こちらを見てにニコっと笑う。
子供達の歌が終わりいよいよ卒園証書授与。
園長先生から子供が証書をもらうとき、担任の先生が一人一人のエピソードを話してくれ、証書をもらった子供は少し離れたところに立っている親にその証書を持ってきて渡し、親は一言子供に声をかける。
0歳の時からずっと見てきた他の子供がしっかりと証書をもらうところを見ていたら目がウルウル。そしておさるの方を見たらまたウルウル。
そしておさるの番が来た。
ママと二人で親の立ち場所に立っていると、おさるが証書をもらってやってくる。そしてその証書を私に渡してくれた・・・。「おさる、卒園おめでとう」と一言声をかけたかったけどとても声が出せなかった。声を出すと泣き出しそうで・・・。証書をもらい、ただおさるの頭をなでてあげただけだった・・・。
卒園おめでとうおさる。

その後、保育園で一番楽しかったことを子供が一人一人順番に話していく。
おさるは「桜が咲いたとき外でご飯を食べたのが楽しかったです」と元気に大きな声で話すことができた。それを見たらまた目が・・・。

卒園式の後は保護者主催の祝う会をホールで行った。
簡単な軽食が出されたが、親たちは入学式で使うであろうその格好いい/かわいい服を汚さぬようビクビク。(笑)でも、帰り際に滑り台をその服で滑っていった子がいたけど・・・。

今日ママは午後から仕事なので園庭などで写真を撮っていきたかったけど、祝う会終了後はあわててみんなにバイバイをし、車を止めた私の職場へ3人急ぐ。
ママを仕事場に送っていきおさると私は帰宅。
帰宅後、卒園証書をおさるのママに見せお線香をあげる。おさるのママ、おさる卒園したよ・・・。

----------

「ママいつ帰ってくる?」とママがいつ帰ってくるのかいつも気になる様子。帰ってきたらママのいく所行く所についていってベタベタ。ソファーに座っていてもママにベタベタとじゃれる。
でも、未だに「ママ」と呼べなかったおさる。結婚する前から「ママってよんでもいいんだよ」と私が言っても「結婚したらね」とおさる。でも結婚してからも「ママ」とは呼べなかった。こっそりとおさるに聞いてみたらやはり恥ずかしいようだった。
でも今日の夕方、ママってよんでごらん1回言っちゃうと恥ずかしくなくなるよ。とおさるに言ってみた。おさるは「うん」と答えていたけど、お風呂にはいるとき、「ママお風呂入ろう」って言ってごらん。と言っても「ねぇお風呂入ろう」となかなか言えなかった。
でも、寝る前に「ママお休み」って言ってごらん。とおさるに言ったら「勇気出して言ってみるね」と言った後、「ママお休み」と恥ずかしそうな顔だけど大きな声でママって言えた。ありがとうおさる。
卒園式でも大きな声で言えたし、今日のおさるはすごく格好いいよ。

2002年3月19日 23:04:27


 3/21(木) 熱

家の片づけと買い物で一日終わる。

昨日は夜8時過ぎにソファーに横になって寝てしまったおさる。今朝は6時半に目覚め朝からペチャクチャとうるさい。おさるには休みだから遅く起きようと言う考えはないようだ。
お昼頃買い物をしていたら「のどが痛い」と痛がる。そして、「寒い寒い」言いながらママにべったりとくっついてお買い物。家に帰って熱を計ったら38度。
お昼寝をさせてみるがお昼寝嫌いのおさるはやはりしない。
でも夜は早めに就寝させる。
明日には下がっていてくれないと、また休まなければいけない。飛び石の間とか月曜日は計画的でなく急に休むのは気が引ける。それでなくても、今月はほとんど仕事してないし・・・。
熱下がるといいねおさる。

2002年3月21日 20:42:32


 3/24(日) 熱その2

やはり熱が引かずにそのまま金曜日はお休みで4連休・・・。(涙)
おさるの熱は今日になってやっと引き、後はのどの痛みが取れればいいと言った感じ。とりあえず、病院からもらった薬は飲み続けることに。
おさるはほぼ大丈夫そうだが、今度はママが・・・。熱は38度台。夕方から「寒い!」と言ってそのまま寝てしまった。大丈夫か?
おさるは寝ているママに気を遣って、階段を上るときや寝室に入るとき静かにしていた。
早く良くなるといいね。

久しぶりにおさるのママの看護婦姿を見た。たぶんあれは23、4歳で私と知りあった頃の写真だろう。彼女は誰にでもものすごく優しくてすてきだった。それに良くしゃべる子だった。少し天然系でもあったので(笑)一緒にいてすごく楽しかった。
土曜日おさるを病院に連れて行ったら、おさるが生まれるとき立ち会ってくれたおさるのママが看護婦時代の婦長さんに会い、「大きくなったわね」とビックリされた。そして、薬局で薬をもらうとき、壁に貼ってあった「ふれ愛コンサート」のポスターにおさるのママの名前があったので、おさるに教えてあげると「おさるのママはえらいんだねー」とビックリしていた。
そう、おさるのママはものすごくえらいんだよ。

2002年3月24日 21:46:06


 3/25(月) 呼び出し

日曜に熱が下がったので久しぶりに保育園。
が、お昼頃「熱が38度あります」と呼び出され、おさるを連れて帰宅。(涙)

熱は夜には39度まで上がってしまった。

2002年3月27日 0:07:23


 3/26(火) 半日交代

昨日仕事を休んだママもほぼ元気に。
でも、おさるの方はまだ熱があるので私が午前中仕事に行き午後は家。ママは午前中家で午後仕事ということにした。以前はこんなこと考えられなかった。こんなことができるのは結婚したからだ。
でも昨日に引き続きまた半日休んでしまった・・・。(涙)

2002年3月27日 0:10:33


 3/29(金) 最後の日

保育園に行くのも今日が最後。
いつもの時間に送っていったらおさるのクラスはまだ誰も来ていなかった。毎日毎日だんだんと子供の数が減っていって今日は何人のお友達が来るのだろうか?

最後の日なのでいつもより早めにお迎えに行く。
登園板で子供の数を数えたら4人しか来ていなかったようだ。まだ残っているお友達にバイバイ、先生に挨拶をしておさるの6年間の保育園生活が終わった。

0歳からずっといる子がどんどん成長していく姿を見るのは、自分の子と同じくらいうれしかったし、卒園式で園長先生から卒園証書をもらっている姿を見たら自分の子でもないのに涙が出てしまった。みんな小学生になるんだね・・・。
0歳から入った保育園。ほとんど毎日私が送り迎えだったので、おさると同じく私も6年間保育園通いだった。
保育園は楽しかった。私もおさるも保育園が大好きだ。
6年間にはいろいろなことがあった。楽しいこと、うれしいこと、悲しいこと・・・。
今の私たちの生活があるのは保育園のおかげだと思う。

おさるを保育園に入れて本当に良かった・・・。

2002年3月29日 21:30:35


Top