Osaru's Diary

May 1999

5/1(土)

お隣の家でお父さんとお母さんが芝生を植えているので、1歳のHくんはうちの庭でおさると遊ぶ。

Hくんはおさるが好きなようで、いつも保育園から父とおさるが車で帰って来たときおさるを見るなり興奮してしまう。おさるが家のまわりを走り回っているのを一緒に追いかけたりしていつも遊んでいる。おさるはHくんの前でわざとふざけたりしてHくんを喜ばせようとしていている。

水鉄砲やボール遊びを、Hくん・おさる・おさるのママと3人でいっしょに遊んでいた。父は草取りをしたりしていた。冬場はそうでもなかったが、暖かくなったので芝生に草が結構生えてきた。


5/2(日)ギンガレッドのポーズ

冬にはいていたスタッドレスを洗わずにしまってあったのでおさると一緒にタイヤ洗い。おさるは父が洗車するときいつもタイヤを洗ってくれるので今日もスタッドレスを洗ってもらった。長靴を履きタイヤを洗うブラシを持ってごきげんに洗う。

昼頃、ママの友達が子供を連れてやってくるというので庭で遊びながら来るのを待つ。
来るのを待っている間に写真を数枚撮る。おさるのポーズはたぶんギンガレッドのポーズと思われる。

そのうちママのお友だちが来た。子供2人(2歳の男の子と2ヶ月の女の子)つれてきた。
おさるは誰かが家に来ると、いつもと全く違っておとなしくなってしまうが、今日もやはりそうだった。
2歳の子がブロックで遊んでいておさるの作ったのをさわっていたようだが、さわっているそのときにはなにもいわないくせに、帰ってから「こんなにしたらだめだ」と少し怒っていた。いやなら最初から言えばいいのにそのときにはなにも言わない。
2歳の男の子もおとなしく遊んでいたのをみていて、おさるが2歳の時はどうだったかな?と思い出していたが、おさるは今と変わらなかったような気がする。

お隣の奥さんから、買い物に行ったら金魚をもらったが家に水槽がないというので、金魚6匹をいただいた。
以前家でも金魚を買っていたが、水槽に入れた次の日には1匹そしてその次には1匹とどんどん死んでしまったので、今回は長生きして欲しいものだ。早速父が水槽に金魚を入れた。


5/3(月)

今日は、おさるが行っている保育園で一番仲良しのJちゃん一家が来た。

保育園ではJちゃんとおさるは大の仲良し。2人がそろうと暴れまくり先生にしょっちゅう叱られている。

ご夫婦と、子供3人(5歳の女の子、3歳の男の子、1歳の女の子)が11時頃車で我が家にやってきた。
我が家へ来るのは初めてなので、家の近くから電話をしてもらう。おさると二人で待ち合わせ場所まで走っていき道順を説明する。車の中からJちゃんがおさるを見つけてはしゃいでいるのがわかる。おさるもJちゃんを見てうれしそうにしている。

家にJちゃん一家の車が着くと早速、Jちゃんとおさるは2人でなにか生意気なことを言っているよう。保育園での2人の様子が少し分かる。

家に入りとりあえずジュースで乾杯。最初おさるは少し緊張していたようだが、すぐにいつものおさるになる。やはりいつも遊んでいるJちゃんが来たからものすごくうれしいようだ。おねえちゃんのMちゃんと3人で2階に上がっていきすぐに一緒に遊ぶ。

父たちはJちゃんのお父さんとお母さんとお話をする。1歳のYちゃんがすぐに階段の方へ行ってしまうのでそれを引き戻しながらお話をしていたが、このご夫妻はこどもを怒鳴ったりしないんじゃないかというくらい優しい雰囲気が出ている方々で、なんか話をしていても落ち着く。でもやはり子供を毎日のように怒るといっていた。お母さんのお話に引き込まれてしまう。

しばらくしてから、子供たちに長靴を履かせて近くの公園へみんなでおたまじゃくしを採りに出かける。
今までものすごくいたはずのおたまじゃくしがなかなかいない。みんな採られてしまったのか心配していたら、少し集まっている場所が見つかった。
子供たちでは少し採りにくかったのでお父さんがおたまじゃくしを採る。数匹捕まえたところでMちゃんが採りたがったので採らせてみたら、2匹ぐらい捕まえた。でもMちゃんはぬかるみに膝近くまで埋まる。Mちゃんは笑いながら助けを求めるが、お母さんはお父さんにMちゃんを助けるのを待ってもらって写真を撮っていた。Mちゃんも口ではいやがりながらもまんざらいやでもない様子。
しばらく公園で遊びながら帰宅。家に帰り足を洗ってから昼食。お母さんが作ってきてくれたお弁当やママが作ったおかずを子供たちはすぐに平らげて、よほど楽しいのだろうかまた2階に駆け上がっていった。親たちはまたしばし団らん。
おさるはJちゃんがお姉ちゃんのことを「まなみ」と呼び捨てにしていたのを聞いて、おさるもMちゃんのことを「まなみ」と呼び捨てにしていた。Mちゃんはおさるを「おさる」と呼び、兄弟のように仲良く遊んでいた。

おやつをみんなで食べてから、Jちゃん一家は捕まえたおたまじゃくし持ち家に帰ったが、Jちゃんは帰りの車の中で寝ちゃったらしい。

夕方、父の友人が来た。おさるは少し緊張。
おさるは昼間いっぱい遊んだので、テレビを見てもなんだかぼんやりとしている。夕食後父と友人はお出かけ。

ママと寝ているときに、おさるは「お姉ちゃん欲しい」と言っていたらしい。Mちゃんがおさると一緒に遊んでくれたのがうれしかったんだろう。また、寝ようとしたら布団の中からおもちゃの鉄砲が出てきたらしい。おさるが「Jちゃんが入れてるの見たよ」と言っていたらしい。


5/4(火)

明日から沖縄へ旅行に行くので必要品を少し買い物に出かける。
先日お隣から金魚をいただいたが、明日から旅行に出かけるがブクブクもないのでちょっと心配だったので新しく水槽を購入。

帰宅後、金魚を新しい水槽に移し替える。今まで6匹が狭そうにしていたのが少し広くなりブクブクもつけていい感じ。でも玄関においた水槽のブクブクの音がやけにうるさい。

今日も昼寝をしなかったおさるは8時に布団にはいる。

明日は沖縄。8日に帰ってきます。


5/5(水)沖縄

6時に車で少し早めに家を出て空港まで行く。空港では間近に見える大きな飛行機におさるはごきげん。

おさると飛行機に乗るのは2度目になる。2歳ちょっと前に行った奄美大島以来だ。以前はママか父の上に座っていたおさるだが、3歳になると生意気にもイスに一人掛けだ。まあそれなりに料金も取られるのだが...

朝早かったので飛行機に乗って寝てしまうかと思ったが、なかなか寝ずにビデオを見たり、機中でもらった飛行機のダイヤブロックで遊んだりしていた。

沖縄に着いたのは昼頃だった。さすがに暑いが天気はいまいち。
レンタカーを借りる手続きが意外と時間がかかり、途中昼食を取ったが、万座のホテルに着いたのは4時頃になってしまった。しかし4時でもまだまだ日中。3人でホテル近くのビーチを散策
ちょうど干潮だったようで、岩場が顔を出し潮だまりにいる小さな魚やカニを捕まえたりしながら遊ぶ。きれいな海きれいな砂浜に感動。

夕食はホテル内のレストランで沖縄舞踊を見ながら沖縄料理を食べる。おさるも少し見ながら、いっぱい食べた。
お昼寝をしていないのでおさるは8時頃就寝。

寝相の悪いおさるをどこに寝かせようかホテルに泊まるたびに悩む。ツインの部屋にベッドを1つ追加してくれていたが、寝相の悪いおさるをベッドに一人寝かすわけには行かないので壁際におさるを寝かせその横にママが寝る。結局ベッドは1つ余る。


5/6(木)沖縄

朝気がつくと、おさるは5時過ぎに起き靴を履き出かける準備をしていた。おさるは少しして起きたママと一緒に散歩。さすがに父はまた寝た。

朝食は部屋に持ってきてもらった。おさるの食べ方を見ていたら部屋で食べるのが正解だった。目玉焼きを口いっぱいにほおばり、口のまわりは玉子がついてかさかさ。すごい顔になっていた。

10時頃水着に着替えビーチに出ようとしていたら、父の友人から携帯電話に電話がかかる。名古屋の友人だが、奥さんと一緒に沖縄に来ているとのこと。今那覇にいるというので、こちらのビーチで会うことに。

3人でビーチに行くとすでに結構な人が来ていた。水はまだ冷たくて泳ぐにはすこし根性がいる。父とおさるは砂遊びの道具を借りて浜辺で砂遊び山を作ったり、おさるを砂に埋めたりと遊ぶ。最初は足だけ埋めていたがおさるの「もっと」の声に、手を埋めたり、おなかまで埋めたりとおさるを埋めていく。おさるは埋まると体にかかっている砂が、おさるが出ることによって割れるのが好きみたいで何度もやらされた。

そのうち父の友人夫妻が来たので一緒に浜辺でおしゃべり。おさるとママはまた砂遊び。ママはおさるを海にはいるように誘うが、波が怖いおさるはなかなか足を海に入れない。波が来ると足をすくわれるのが怖いようだ。しかしそのうち浮き輪をつけられたおさるはママと一緒に海へ。最初はママにべったりとくっついていたが、そのうち手だけもってもらえば大丈夫になったようで、「2回泳いだ」とおさるはうれしそうに言っていた。

昼食は父の友人夫妻と一緒にホテルで食べる。
友人夫妻と別れた後、ホテルの部屋に戻ってベッドに横になっていたらおさるは熟睡。さすがに朝早くからいっぱい遊んだので疲れたのだろう、寝てから2時間すぎたので起こしてもなかなか起きない。しばらくしておさるもお目覚め。
ホテルから海を見るときれいだ。

名護まで夕食を食べに車で行く。夕食ももりもり食べたおさる。
9時過ぎに就寝。


5/7(金)沖縄

今朝も6時前に起きたおさる。いつものようにママと散歩。
今日は天気がいまいち。朝方少し雨も。

ホテルをチェックアウトして、少し浜辺で砂遊びをした後、海中が見える船に乗る。奄美大島に行ったときにも乗ったが、そのときはあまりうれしそうにしていなかったおさるだが、今回はうれしそうに魚を見ていた。少し海が濁っていたが、間近で見えるきれいな魚はうれしいようだ。

今日でこのホテルともさようならだ。

その後那覇のホテルまで車で行く。途中車の中で、さすがに朝早かったせいかおさるはお昼寝。
今日のホテルは那覇にあるハーバービュー。12時頃ついたが、チェックインできるというのでチェックイン。その後国際通りまで歩いていき、昼食を食べる。おさるは「チーズバーガーが食べたい」と泣く。が、「明日食べよう」と普通の喫茶店で昼食。

父たちに混じっていっぱい歩いたおさる。今回のおみやげにおさるはおもちゃやさんで「ゴーゴーファイブサングラス」を買う。父はLEGOがあるか見たがなかった。残念...
ソフトクリームを食べた後、さすがに疲れたのでタクシーでホテルまで戻る。

夕食はホテルのレストランで食べ、早々と3人とも寝てしまう。


5/8(土)沖縄

今日も早起きなおさる。ママと一緒に散歩。父はいつものように寝ている。

朝食をホテルで食べた後、チェックアウトして車で国際通りまで行く。車を駐車場に入れまた国際通りを散策。父は沖縄のパチスロを少しやりたかったのでその間ママとおさるはショッピング。20分ぐらいして合流。そのまま車に戻り空港に向かう。

途中のマクドナルドでおさるが昨日食べたがったチーズバーガーを食べる。おもちゃをもらうが飛行機の中でのお楽しみにする。少し早めにレンタカーを返し、空港でショッピング。

時間が余ったので発着ロビーにあったダイヤブロックで父とおさるは遊ぶ。ダイヤブロックで遊んでいたが、やはりLEGOと違ってきちんとはまったという感じがしないしすぐ取れてしまう。LEGOはよく出ている...

おさるがなにか作っているとおさるより少し上のお兄ちゃんがおさるのところにやってきて、おさるの作ったものに他のブロックをはめていく。おさるはいやがるのだが口には出せず、お兄ちゃんがいなくなったら作っていたブロックを持って父に助けを求める顔をする。しばらくしたらお兄ちゃんがいなくなったのでまた作り始める。

時間になったので飛行機へ。
飛行機の座席の前がスチュワーデスさんが座るところだった。おさるはものすごく恥ずかしがり顔を父の手で隠す。マクドナルドのおもちゃを持ちながらしばらく遊んでいたが、離陸後すぐにおさるはお昼寝。機内のビデオで「ポケモン」をやっていたのだがおさるは熟睡。房総半島の陸地が見えてきた頃におさるは起きる。起きたとたん機内で出されたあんパンをほおばる。

羽田について車に乗り帰宅。帰りの車の中ではママと一緒に大はしゃぎ。
家についたら早速マクドナルドでもらったおもちゃや機中でもらった飛行機のダイヤブロックで遊ぶおさる。

今回の旅行は久しぶりの遠出ですごく疲れたが楽しかった。今度は1つのホテルでもう少し長めにのんびりしたい。

金魚もおたまじゃくしも元気にしていてよかった。おたまじゃくしの足が結構大きくなってきた。このままではすごい数のカエルが...早く逃がそう!


5/10(月)

久しぶりの保育園。
保育園に行くとJちゃんが父のところにやってきて、「おさるの写真だよ。まなみもお手紙書いたよ」と封筒を持ってきてくれた。Jちゃんが中をあけて見せてくれると、そこにはこの間の写真と手紙が入っていた。Jちゃんの書いた手紙は線路が書いてあった。おさるの好きな花火の絵(色鉛筆でいろいろな色を書いただけ)に近いものがある。Mちゃんは上手な絵(「オレたち3人」おさる、Jちゃん、ゆうたくん)と手紙が書いてあった。やはり5歳になると字も上手にかけるものなんだ。
保育園にお迎えに行くといつものように、おさるはバケツを抱え泥をこねていた。父が近づき「おさるただいま」というといやな顔をして、「今チョコレート作っているの!」と怒っていっていた。父が帰り支度をしてきて再度おさるに帰ろうというと、バケツを抱えたおさるは「毒作っているの」、そのうち今度は「ケーキ作っているの」といろいろ変わる。

先日保育園にあげたおたまじゃくしはだいぶ大きくなり、しっぽも取れてきてほとんどカエルになってきていた。

保育園の連絡帳に「今日女の子たちが白雪姫になって遊んでいたので、おさる君王子様になってチュウしてあげればといったら、真っ赤な顔をして逃げていった」と書いてあった。想像すると笑ってしまう。

明日はおさるの保育園のうさぎ組さんは遠足。いつもお散歩で行っている公園に行くのだが、リュックサックを背負い公園でお弁当を食べるとまた違った喜びがあるようで、「明日遠足だね」というとものすごくうれしそうな顔で「そうだよ」と言っていた。


5/11(火)おさる遠足

今日は遠足なので朝から張り切って保育園に行くおさる。

遠足は楽しかったようで帰りの車の中でいっぱいお話ししてくれた。公園までJちゃんと手をつないでいき、いっぱい公園で遊んだ後、お弁当を食べ、保育園に帰ってからのお昼寝ではすぐに寝てしまったそうだ。
夜もいつもより早く眠くなっていた。ほんといっぱい遊んだんだろう。午後雨が降ったが、遠足の行き帰りとも天気がものすごく良かったようだ。

ママの入院が決まった。

5/24から骨髄移植のための入院となる。ドナーはママの父62歳で移植は6/25を予定している。
予定入院期間は4ヶ月以上だ。またしばらくおさると2人暮らしになる。


5/13(木)

今日は保育園に迎えに行くとすぐにおさるが来た。
「サッカー1回だけやろう」と誘うので「1回だけだよ」、「じゃあ2回やろう」と増える。おさるの蹴るサッカーボールを蹴って返しまたおさるが蹴る。で、「じゃあお片づけしておいで」に「パパに片づけるところ教えてあげる。」と手を引っ張っていくので一緒にボールを片づけるところまで行きしまう。
おさるの足を見ると膝がすりむけている。「転んじゃったの?」「うん。公園で」
帰りの車の中で、「今日おすもうやろう」とおさる。

夕食後、「パパ、ブロックでかっこいい飛行機一緒に作ろう」に一緒に作る。そのうちママとお風呂。

足がしみたようでケンケンしながらお風呂から出てくる。相撲をしてなかったのを思い出したようで、「お相撲してなかったね。」、「でもおさる足痛いから、痛くなくなってからやろうね。」に「じゃあ百ヶ月たったらやろう。」とおさる。

最近数字が10まで順番にいえるようになったのだが、「100時になったら〜しよう」とか「100ヶ月」とか時々100という数字が出てくる。

今日はなんだか父にくっついてくるおさるだった。


5/14(金)

今日はうさぎ組の保育懇談会だ。
父はこれが好きで今まですべて出席している。もちろん今日も午後休みを取って出席する。

昼にママと待ち合わせをして昼食を食べ、13:20ごろ保育園へ行ったら一番乗りだった。今の時間おさるたちは2階のホールでお昼寝中だ。そのうちみんな集まってきたので懇談会が始まる。夫婦できているのは、家で仕事をしているはなちゃんのお家と私たちだけだ。父親は全部で3人来ていた。このクラスは父親が来る家庭がいつも多いみたいだ。

担任の先生から挨拶があり、その後「家での様子」順番に話していく。
自分の番が回ってくるのはいやだが、他の子が家でどんなことをしているのか話を聞けるのが私は好きだ。
乳児クラスの時は先生対子供の比率が少なかったが、今は先生2人に対し子供20人ではなかなか一人ひとりの子まできめ細かに箸の持ち方や指導面で難しいようだ。先生も今の3歳の時が大きくなって行く上で一番大切な時期だからもっと先生を増やして欲しいと言っていた。「三つ子の魂百まで」というように今の時期がおさるのこれからの人生の上で一番大切なんだということを再認識した。

15時前に話が終わり、しばらくしたら子供たちがお昼寝から起きて部屋に戻ってきた。ママの顔を見てうれしそうに子供たちがやってくる。おさるも父とママの顔を見つけうれしそうにやってきた。パパママがこれなかった子供は少し寂しそうにしていたのがかわいそうだった。子供たちは手を洗ってすぐにおやつだ。やはりおさるはいつものようにおかわりをしていた。

夕方、父の友人が遊びに来た。
学生自体からの友人でこの間、沖縄で会ったやつだ。父の職場から近くのところで3週間研修をしているので、家に遊びに来るように誘った。おさるはやはり少し緊張気味だった。しばらくして父と友人はお出かけ。


5/15(土)

昨日泊まった友人が起きてきたので父と一緒に遅めの朝食。

ママとおさるはおたまじゃくしがカエルになってきたので公園の川に逃がしにいった。父たちもしばらくして公園に散歩に出かける。

昨日は緊張していたおさるもだんだん慣れてきたようで、父と友人がソファーに座ってテレビを見ていると、「間に挟まれ次男」(だんご3兄弟の歌)と言いながらその間に入ってくるようになった。


5/16(日)

午後ママの友人宅へおさるとママを車で送る。

数時間後お迎えに行くと、おさるはプラレールの大きな新幹線の形をしたもので遊んでいた。どうもこれをいただいたらしい。

家に帰ってきたらさっそく「2階いこう!」と誘う。2階のおもちゃ箱にプラレールの線路があるからだ。2階にいって新幹線とプラレールをつなぐ。その新幹線は2階建てで下は線路にもなっているが、今まで家にあった線路だけではうまくつなぎ合わせられない。全然足りない感じだ。家にあるプラレールの電車はトーマスだけで線路も基本的なセットのみだ。まあこれも貰い物だが。それでもおさるはいつになくうれしそうだ。父と一緒に線路をつないでトーマスを走らせていた。

おさるがもう少し小さい頃は線路も出さずにプラレールのトーマスだけで遊んでいた。
電池で動くトーマスはおさるにスイッチを入れられ床の上を壮快に進んでいく。おさるはスイッチを入れてしばらくは見ているが、そのうち他のことに夢中になってしまい、行く手を遮られたトーマスは壁を押すかのごとくガタガタとよくいっていた。仕方なく父はいつものようにスイッチを切っていたものだった。

おさるはお昼寝をしなかったので早めに就寝。


5/17(月)

朝から、昨日もらったプラレールで遊ぶおさる。

ママと相談してプラレールの線路を購入することを決定したのでそれをおさるに「おさるがおもちゃ大事にしてくれるなら線路少し増やしてあげるけど、おさるできるかな?」とママが聞いたら、「できるよ」とうれしそうに答える。

昼休みに父はプラレールの線路を購入。

保育園にお迎えに行くと、おさるはサッカーボールで遊んでいた。父が「お家かえって遊ぼうよ。」というといつもより早く準備ができた。今日は少し水遊びをしたのかおさるの顔は泥だらけ。

家に帰ったら、2階にいこうとおさるが父を誘う。今日買った線路を出してあげるとうれしそうにつないでいた。父も一緒に遊ぶが、少し線路を追加しただけでいろいろな形になり父も結構楽しい。


5/18(火)

保育園にお迎えに行くとおさるは鉄棒をしていた。「おさる帰ろう」と手をつないで部屋に行こうとしたら手が冷たい。Tシャツ2枚を重ね着していたが少し外は寒かった。

帰宅後、父が新聞を読もうとしていたらおさるが父の上に乗ろうとしてきたので、抱き上げようとしたらおさるの手が熱い。頭を触ると結構熱がありそうだ。すぐさま体温計で測ると38.7度もある。夕食後薬を飲ませる。

20日は保育園のおさるのクラスでお団子を作る日だ。この間みんなで取ったよもぎを使って草団子を作るらしい。おさるはこれをものすごく楽しみにしている。
昨日お風呂に入っているときに、父が「手が汚い人はお団子作れないんだよ。」と言っておさるの手を洗ったが、お風呂にはいる前に遊んだサインペンの跡がおさるの手に少し残っていて、なかなか取れなくておさるは泣きそうな顔になっていた。それほど楽しみにしていたのに、もしかするとおさるは保育園をお休みしないといけないかもしれない。

20日の朝までに熱が下がればよいが・・・

おさるは早めに就寝。


5/19(水)

早朝、足下で泣いている声が・・・。
おさるが「パパとママがいい〜」と泣いている。どうも怖い夢を見たらしい。後で聞いたら恐竜の夢を見ていたと言っていた。怖かったんだろう、しばらく泣いていた。

朝になってもおさるの熱は下がらず38.5度ある。体全体が熱い感じだ。保育園はお休み、父も仕事を休むことにした。(休んでばかりだなー)

病院へつれていったらやはり風邪のようだ。明日は「お団子作りの日」熱が下がればいいけど、下がらなくて「おさるもお団子作りたいー」と泣いている顔が目に浮かぶ。

お昼寝は熱もあるせいかすんなりと父と寝た。3時間たっぷりとお昼寝をした後は、おやつをいっぱい食べた。何となく熱も下がってきたようなのではかってみると37度代に落ちていた。

8時頃布団に入ったのになかなか寝なかった。


5/20(木)

朝熱を計ると36度代。なんとかお団子作りにはいけそうだ。
おさる元気よく保育園へ行く。

3時頃職場に保育園の看護婦さんから電話。やはり熱が少しあるらしい。ということで保育園へお迎えに行く。(また仕事休んだ・・・)

保育園に行くとおやつの最中で、みんなで今日作ったお団子を食べている。ヨモギだんごにきな粉をつけておいしそうに食べている。ゆりちゃんが「おさる君のパパ、お団子みんなで作ったの」と食べながら話してくる。ゆりちゃん髪の毛切ったら今までと感じが変わってまたこれもかわいい。のりちゃんもおだんご食べながら私に話しかけてくる。のりちゃんは月齢が遅いほうだったのでいつまでも赤ちゃんって感じだったが、最近はおさると一緒に「オレたち」で活躍中のようだ。最近私によく話しかけてくる。

毎日保育園に行くと子供達も私に慣れて近づいて話しかけてくれる。
保育園の送り迎えはおさるが0歳で入園してからほぼ毎日しているので、みんなの成長もわかるし、女の子はかわいいしほんとに楽しい。

みんなが食べているのをしばし見ながら帰り支度をする。おさるは父が待ってるのを見ていても黙々とお団子を食べている。おかわりもしたようだ。結局一番最後まで食べていた。

子供達は食べ終わったら園庭に元気よく出ていった。おさるは父と一緒に帰宅。

熱は37度少しあるがとても元気。お団子作りにも行け、そのお団子も食べられたのでよかった。
明日おさるは保育園お休みでママと一緒にお家にいる予定。


5/22(土)

昨日まで少しあった熱もほとんどなさそうだ。

父が庭で草取りをしているとおさるが来て泥遊びをしている。バケツに土と水を入れてドロドロにして、ケーキを作っているようだ。手足ドロドロになりながら遊んでいる。

そのうち、隣のH君がお父さんとお散歩からお帰り。自転車の前に乗ったH君はウトウトしているようだ。
が、おさるを見つけ元気におさるのところに来た。おさるはH君が来るとわざとおどけてみせる。
おさるがだんご虫を見つけ捕まえていたら、H君も「あんごー」(だんご)と言いながら見ていた。

お昼ご飯を食べた後、ママがお出かけするので父とおさるで2階に行ってお昼寝。父が先に寝てしまったようだが、おさるも2時間は寝た。
父はお昼寝しているときに、おさるがなぜか田んぼで泥だらけになり、小川の橋を渡ろうとして川に落ち、流されたおさるを父が拾い上げ、泥をどこかで落とそうとおさるを抱きながら水道を探している夢を見た。昼間の印象が強かったのだろうか・・・


5/24(月)今日からママは入院

おさるのお迎えは以前と同じくSさんにしていただくことになった。Sさんに5時頃保育園にお迎えに行っていただき、その後Sさんの自宅で夕食を食べさせていただく。そして病院のお迎えから帰ってくる父を待つ。を毎週水曜日と土曜日にしてもらう。

6時少し過ぎにSさんの家におさるをお迎えに行ったらまだ食事中だった。しばらく待って帰宅。

夜、おさるの耳かきをしたら、気持ちよさそうにしている。終わった後気持ちよくて眠くなったらしくソファーにゴロンとしている。「気持ちよくて眠くなっちゃった」とおさる。
急いでお風呂に入れて布団へ。
横になったらすぐに静かになった。

父も一緒に寝てしまった。気づいたら2時だった。

今日から当分はおさると二人きりの生活だ。だんだんママっ子になってきたおさるだが大丈夫だろうか。


5/25(火)

保育園にお迎えに行くと鉄棒で遊んでいた。鉄棒に手と足でぶら下がり「やきぶたできるよ」と言っていた。

帰りの車の中で
おさる「ご飯食べていこうよ。そうすればお家帰ってからパパご飯作らなくていいよ。歯を磨いてお風呂は言って寝るだけだよ。」と誘う。
それもいいな、と思ったが、今日の夕食の材料が来ているはずなので
父「お金ないからだめだよ。」
おさる「お金やさんでもらってくれば」
父「お仕事しないとお金もらえないんだよ。」
おさる「今日あまりお仕事しなかったの?」
に笑ってしまう。

家に帰ってからいろいろおさるが悪いことするので叱ると、そのたびに「ママがいい〜」とおさる。でもそんなにきつく叱ってはいない。

保育園の写真申し込み袋にボールペンでいたずら書きしていたので、軽く「これにいたずらしたら写真もらえなくなっちゃうからだめだよ。」と優しく言った後、歯磨きしようと洗面所に行ったら、おさるは「今度神社行ったらママの病気治りますようにって言おうね。」と言いたかったのだと思うが、「今度神社行ったら・・・」でおさるの口がへの字になり「ママがいい〜」と大泣き。今までこんな泣き方はしたことなかったと思う。やはりママが入院していなくなってしまい寂しいのだろう。おさるを抱きしめてソファーまで行き、ソファーに座った父に抱かれながらしばらく泣くおさる。
そのうちちょっとしたことで笑い顔に戻り、手をつないで洗面所へ。

今日もいっぱい遊んで疲れたのだろう、布団に入りしばらくしたら寝た。

ママからのメール

5月25日今日は忙しい1日でした。
朝食後すぐ呼吸機能の検査によばれました。「もっと息をはいてぇ〜もっと!もっと!」星がチラつきそうでした。
その後シャワーをあびて、口腔外科では親不知ずの1本に歯肉がかぶっていてこれが感染を起こすと恐いからと抜くことを勧められました。明日抜歯?え〜ん。
副鼻腔炎を調べるために鼻のレントゲンを撮ったり、心エコーも初体験。

ドナーになるお父さんが今日外来受診しました。鉄剤を処方されたり、1日仕事。
お父さん大丈夫かな?


5/26(水)

Sさんの家にお迎えに行くと、ゼリーを手におさるが出てくる。ゼリーをもらったらしい。
帰りの車の中で、父が飲んでいた午後の紅茶を見つけ「赤いジュースちょうだい」とおさる。少しだけだよとあげるといっぱいのみ、そして服にこぼし、「こぼれちゃった〜」と情けない声。

夜は今日父が買ったブロックを作る。大きな人形も付いている。おさるは一人で「これはね・・・なんだよ」「へーそうなんだ」などと父が作っている横で小さな声で人形を使って遊んでいた。これを聞いていると面白い。このブロックは、レゴテクニックのシリーズでミサイルをとばすことができるので、おさるも結構気に入ってくれたようで、一緒に遊ぶ。
一緒に買った忍者のキーホルダーを、保育園バックにつけていたサンタのキーホルダーと取り替えて付ける。

寝るとき暑くて寝るポジションが決まらないようで、ごろごろしていたがそのうち寝たようだ。
父も一緒に寝てしまった。気が付くと2時だった。

ママからのメール

朝食後すぐナースコールで心RIに呼ばれる。
初めての検査だったので行く場所も少し迷いながら…。台に寝て点滴の針を刺され勢いよく薬をいれるから動かないでといわれる。1,2,3,と声をかけられるのだけど、なんと大きな声!!その声がこわくて動きたくなるよぉ。

昼頃Nさん、Yさんが元気な顔を見せてくれた。移植後元気な患者さんを見ると嬉しい。
2人ともGVHDが強く出て入院中苦労してたのにあんなに元気になって…。イキイキしてみえた。

昨日言われた抜歯、左奥の親不知ずついに抜かれてしまいました。顔に布をかけられたとたん違う先生が出てきてああじゃない、こうじゃないと注意されながらするのでいい気持ちがしなかった。できる先生なのかもしれないけどその先生の指導のしかたは好きじゃない。この歯を抜けばあの先生とおさらばできると思って我慢。しばらく麻酔のせいで口の周りが自分の皮膚じゃないみたい。手で触るとへんな感じ。びりびりしてる。

放射線科にも受診。放射線を浴びた時の副作用をきく。あんまりないことみたいだしそんなには気にならない。

おさるに会いたくなった。おさるかわいい。金曜日外泊許可が出て、嬉しい!!はやく家に帰りたい。

夜やっぱり抜いたとこが痛くなって痛み止めを内服した。すぐ痛みは止まったので少し?他の部屋に遊びに行って夜は早めにねました。


5/27(木)

風の強い日だ。朝、庭のはなみづきの木が45度位揺れていた。早く支えの支柱を立てないと倒れてしまう。

保育園の部屋に昨日作ったカタツムリ(紙粘土)と今日作ったアジサイ(紙皿に折り紙を切って張ってある)が飾ってあった。おさるのカタツムリは貝の部分がつぶれた形をしていた。アジサイは紙皿の周囲に上手に折り紙が張ってある。ちょうど先生が来て、「おさる君は上手に作ってましたよ。(紙皿の周囲部分をさし)ここにこだわって・・・」と言われた。細かいことが気になるおさるはきっと父と同じA型だろう。ママと同じO型ではないと思う。

家に帰る途中にお店で買い物をして少し時間をつぶし、ファミリーレストランで夕食を食べる。
外食をすると疲れる。落ち着きがないおさるは、子供用のイスに座っていてもテーブルの上にあるものをいろいろいじるし、ふざけたりとゆっくりと食事ができないからあまり外食はしない。が、たまには夕食を作らなくていいので寄る。

今日も寝苦しい夜で、なかなか寝るポジションが見つからずゴロゴロとしていて、寝たのは10時頃であった。

ママからのメール

朝起きるともう、歯は痛まなかった。あごも開けても大丈夫。朝のうちに消毒に呼ばれ行ってきました。抜糸は6月1日と決まって部屋へ。
今日は久しぶりにのんびり。Yちゃんが元気な顔をみせてくれた。移植を3回も経験してるのに今はバイトもして旅行もしてすごい。すごい。パワーをもらいました。
赤川次郎の本読み終わったよ。そろそろ赤川次郎の本もあきてきたなぁ。


5/28(金)ママ外泊

保育園から帰ってくると隣のH君がお母さんに抱かれておさるを待っているようだ。奥さんの妹さんも一緒にいた。車から降りようとするとママが家から出てきた。H君おさるを見つけ大はしゃぎ。おさるはママを見つけうれしそうにママのところへ行く。
しばらく庭でH君とボールを投げたりしながら遊ぶ。

1週間ぶりにママと一緒でおさるは大はしゃぎ。ママが電話をしていると「パパお相撲やろう!」と誘うのでお片づけしたらやろうかといったら、いつもと違って早く片づけること。片づけも終わったのでおさるとお相撲。おさるを持ち上げようとすると「お相撲は持ち上げたりしたらだめなんだよ。」とおさるに言われる。「おさるいっぱい汗かくんだ」と言いながらいっぱいお相撲をする。

ママからのメール

今日は外泊の日!
でも心筋シンチの検査で初の朝食待ちを経験しました。私の心臓はどうやら機能が低下してしまったらしいのです。随分たくさん治療薬入ったからなぁ。移植の時の薬は腎臓に負担がかかるのでたくさん水分を入れるのですがそれに心臓がついてこれないと肺に水が溜まったりととにかく危険になるので前もっていっぱい検査。こないだの心エコーで心機能低下してるらしいと言われ、しばらく心臓の検査ばっかりだ。今日の心筋スペクトと言うのは体に毒にならない微量の放射性物質を注射して1時間半後に撮影。この注射マズイ!うつと急に口が苦くなりました。でもその後すぐごはんもOK!注射前だけの食待ちだったのですぐご飯にありつけました。

撮影は輪っかに首まで入って上に向いて寝て…。機械がわたしの周りをくる〜んと回る。20分じっとしてピピ〜と機会がなってなんかオーブンで焼かれたローストチキンみたいだったよ。

午後心療内科の受診。無菌室で精神的につらい想いをする私たちを前もってフォローしてくれるのです。A先生、いままで移植したどの患者さんもいい先生だって言ってた先生です。穏やかで私の話すこともゆっくりきいてくれました。
Sさんという私と同年齢の患者さんいて、一緒に移植を頑張ろうと話していました。彼女が先に移植が決まってスムーズに移植まで進み…。でも無菌室で急変して移植後1ヶ月で亡くなったの。そのことで私がすごくショックをうけたことを主示医の先生が気にしていたようでA先生も心配してくれてました。彼女のことは本当にかなしくて…。人工呼吸機をつけられて筆談してたってきいたとき、本当につらっかっただろうなぁって。移植決まって良かったねって元気に送り出したこと思いだすと後悔してしまいます。でもつい2日前やっぱりSさんと仲良しの患者さんが入院してきていて私の前でなんかSさんの話をさけているようだったので、聞いてみたらやっぱり知っていてその時2人でSさんの話をはじめて出して共感できて気持ちが楽になった。そのこと先生に話したら安心したっていってました。3年の入院の間具合の悪くなった患者もいっぱい見たけど、元気になった患者さんもいっぱいいることも知ってます。だから私は頑張れる。
夕方、おさるのいる我が家へ。おさるの嬉しそうな顔を見ているともっともっと一緒に遊びたいと思う。今はやるしかない。そうだよね。


5/29(土)ママ外泊

ママがいるので父は少し朝寝坊。

この間の風で倒れたサルスベリの木と、もうすぐ倒れそうな花見月の木を支えるべく支柱を立てる。
父がノコギリで木を切っていたら、おもしろそうに見ているおさる。おさるはおがくずを集めて泥と一緒に混ぜてなにか作っている様子。父とママが支柱をつけていると、そのうちおさるも見に来てはさみを使って芝生を切ったりしていた。この間芝刈りをしたが、今の時期は雨が降る度に芝生が青々と伸びてくるのでうれしい。

そのうち隣のH君がおさるの顔を見つけうれしそうにやってくる。おさるとH君は水鉄砲で遊んだり泥遊びをしたりとビショビショになっていた。おさるが先ほど作った泥ケーキにH君が水をかけたので、おさるは泣きそうな顔で父に抗議。
直接H君に言えばいいのに言えないおさる。泣きそうな顔でまた泥ケーキを作る。今度はH君に見つからないところにおいていた。

その後、久しぶりに洗車をした。おさるは「おさるのブラシは?」といつものようにブラシを持って「おさるがタイヤ洗ってあげる」と元気にタイヤを洗う。でもタイヤを洗い終わると飽きてしまい家の中で遊んでいた。

昼食後、花屋さんへ行き花を少し購入。もちろんおさるの好きなサルビアも入っていた。サルビアはあの蜜が好きで毎日のように吸っていた。帰ってきて一緒に花を植えるが、おさるは早速サルビアの密を吸っていた。

ウルトラマンガイアを見ながらおさるの散髪をする。終わったら一緒にお風呂へ。顔についた髪の毛がなかなかタオルで取れなかったので、おさるに目をつぶらせて鼻をつまんでシャワーをかけたら「ウェーン」と大泣き。顔に水がちょっとでもかかると怒るおさるだが、さすがにシャワーを顔にかけたら大泣きだった。風呂場におさるの泣き声が響く。お風呂に入っている間中ほとんど泣いていた。

お昼寝をしなかったので早く寝るかと思ったがなかなか寝なかった。


5/30(日)ママ外泊

今日も父は少し朝寝坊。

3人で花屋さんへ行きプランター用に花を購入。家に戻ってきておさると一緒に花を植える。

夕方ママを駅まで車で送る。おさるはお昼寝をしていないので結構眠そうだ。
少し早めに就寝。


5/31(月)

夕食後、なんかおさるのごきげんが悪い。ブロックを作っていてもなんかだらだらと作っているし、すぐに怒ったり泣いたりする。父が「今日お昼寝いっぱいしたの?」と聞くと「全然してないよ」と答えた。眠いからごきげんが悪いらしい。お風呂に入っていても熱くないのに「熱いー」とわめく。

お風呂に入った後すぐに2階に上がり布団に入れる。布団に入ってすぐにおとなしくなり早々に寝た。いつもこれぐらい早く寝るといいのだが、でも眠くてごきげん悪いのはいやだな。

ママからのメール

おさると別れるのさみしい。また月曜日が来た。
採血したり耳鼻科で副鼻腔炎などないかチェック。
ここの所、治療のたび鼻血で苦労してきた私には無菌室で同じめに会うのがこわい。耳鼻科の方は問題所見なし。でも、先生に「もし鼻血出たら無菌室でお呼びします。その時は来てください。」ってお願いしました。先生も笑いながらOK。

午後、心理療法士の先生と面接。自分が病気した時から治療を続けてきたりしたことを振り返りながらその時の気持ちをきかれたりしました。不思議と辛いことって忘れちゃうもんだなぁ。患者友達とワイワイやってたことを思いだします。
3年も移植までにかかっていたのであっという間に時間が過ぎて続きはまた数日後ということになりました。

16号室に明日無菌室にはいる21才の元気な娘がいてそこに遊びにいきました。そしたらそこで29才の新しいお友達ができた。韓国からの留学生のそのこは自分が病気であることが受入れられず治療にスムーズに入っていけない。学校も気になるらしい。初め違う病棟にいたらしいがそこで輸血をうけるまでに3日嫌だって頑張ったらしい。
輸血を受け元気になったのでもう、退院したくてウズウズ…。私もこんな時あったなぁって。懐かしい。
いろいろなキャラクターがあって楽しい。みんな元気になってほしい。