Osaru's Diary

December 1998

12/1(火)

帰りの車の中で
おさる「サンタさんからブルライアットもらうの」
父「パパにはなに持ってきてくれるかな」
おさる「おさるとパパとママと順番に遊ぶの(ブルライアットを)。だからないよ」

家では、てれびくんの付録のピカチュー副笑いをした。おさるの目を父の手でかくし、「これ目だよ」と言いながらパーツを渡すと並べていく。できたピカチューを見ておさる大笑い。


12/2(水)

家の裏で拾ったビー玉を車の中で大事そうに遊んでいた。

[おさる保育園、父仕事、ママ家]

保育園でおみせやさんごっこ(上のクラスの園児が作ったものをおもちゃのお金で買うらしい。)をやったみたいで、袋にいっぱいおもちゃが入っていた。牛乳パックで作った車、紙粘土で作ったピザ等入っていた。
おさる「ボールころがして入ったら車がもらえるんだよ。」
父「おさるは入ったから車もらえたんだ。」
おさるは嬉しそうな顔をしていた。

夕食後、おもちゃで遊んでいるおさる。そろそろおしっこをしないといけないかなと思い、「おさるおしっこしてきな」と言ったのに、全然無視して遊んでいてママにも言われたのに行かない。その後すぐに「おしっこでた」とホットカーペットの上お漏らし。あれほど言ったのに。

夜ママと保育園の父母会でやるバザーに出すものを物色。

王様大好きなギンガマン


12/3(木)

ママが「バザーにピカチューのお面を出してもいい?」といったら、おさる「だめー」とちょっと悲しそう。しかしママの説得で出すことに。
今日はママが外来なので、3人で車に乗る。最初保育園へ行きその後駅までママを送っていく。

[おさる保育園、父仕事、ママ外来]

家につくころ雨が雪っぽい雨に変わってきた。食後外を見ると真っ白になっていたのでおさると一緒に外に出る。おさるはまるで犬のように庭を駆け回っていた。父が雪を投げるとさらに庭を逃げ回っていた。
お風呂にはいる前にまた外に出た。おさるは雪をつかみ投げていたが、雪で手が冷たくなってきて「手に氷が刺さった。」と言って戻ってきた。そのままお風呂へ。

久しぶりの雪に大はしゃぎ庭を駆けめぐる
「手に氷が刺さったー」頭にも雪が。


12/4(金)

昨日の雪は既になくなっていたが、ほんの少し残った雪をつかみだんごむしにのせていた。それをさらに足で踏んでつぶしていた。

[おさる保育園、父仕事、ママ家]


12/5(土)

朝から雨。
今日は、ママが入院中におさるを預かってもらっている「H」の5周年で講演会と懇親会があるので3人で市民ホールまで行く。講演会はおさるもいるので大変だから、懇親会だけ出ることにした。
懇親会で参加している人を見ると市長、都議、Hの人でケアされている人は皆無だった。
ちょっと前によくお世話になった人もおさるは全然覚えていないようだ。よくお世話になる代表の人だけしかおさるは覚えていなかった。

作:父作:おさる夜、一緒にブロックで遊ぶ。
右がおさるが作った飛行機?。左は父が作った飛行機。だいぶ上手に作れるようになった。
LEGOのブロックは楽しい。いろいろなセットがありいろいろ組み合わせて楽しいものが作れる。
父のクリスマスプレゼントとしてサンタさんにお願いしようかと思っているぐらいだ。


12/6(日)

今日は保育園のバザーがあるので3人でくるまで保育園まで行く。
ちょっと早いかなと思ったがすでに始まっているようだ。

オーレンジャーの剣?さすがにまだギンガマンのおもちゃはないようだが、おもちゃのコーナーでオーレンジャーの剣?を見つけた。200円で購入する。
おさるは嬉しそうに持って、お友達に見せびらかしていた。
帰りに車の中でもいつになくいい子でおもしろい。

家に帰ると、早速電池を入れてあげた。ボタンを押すとピロピロとなる。
ぶつぶつ言いながらいろいろポーズを取っていた。

近くの公園で餅つきをやっているというので出かける。剣を持っていくと言っていたがそれはおいて行かせた。
お持ち数個食べて帰宅。

ポーズ腰つきがいいでしょ年賀状用の写真を撮るため庭で数枚写真を撮るが、あまりいいのないのでボツ。ついでにディジタルカメラでもかっこいいポーズを撮る。



12/7(月)

朝から剣を持って遊んでいた。
車の中で、サンタさんもプレゼントの準備があるので、父がサンタさんの代わりにおさるにプレゼントの要求を聞くが、「ブルライアット」が欲しいのか、「星獣剣」が欲しいのかよくわからない。しかし剣はバザーで買ったので「ブルライアット」に決めてしまうことにした。サンタさんに伝えておこう。

[おさる保育園、父仕事、ママ家]


12/9

今日は東京ディズニーランドへ行く。

ディズニーランドへついたのは9:30。早速ミクロアドベンチャーへ行こうと思ったが、すでに50分待ち。
仕方ないので、すぐは入れそうなシンデレラ城へ行く。

入る前までご機嫌だったおさるだが、シンデレラ城へ入ったら暗い部屋で悪魔?も出てきて「怖いー」とすでに泣き顔。仕方ないので父だっこ。ミステリーツアーの最後の方でお兄さんが「悪魔をやっつけてくれる人」といったらおさるは小さな声で「はい」と父と一緒に手を挙げたけど他の女の子になってしまった。これをやらせメダルをもらいたかったのに。結局シンデレラ城の中は父のだっこでまわったおさるでした。

お昼寝してしまったらベビーカーが便利なのでベビーカーを借りたが、久しぶりに乗るベビーカーにおさる嬉しそうにしている。

ミクロアドベンチャーでは入るところまではご機嫌。めがねをもらったら、以前の記憶がよみがえったようで、「小さくなるのやだー。ヘビに食べられちゃう。」と泣く。さらに「おなか痛いー」と言うが、だっこで中にはいる。少し見たらやはり怖いようで、「こわいー」でだっこで見る。見終わってトイレに行くがウンコ出ず。

平日だというのに結構込んでいてこの日入ったのは、シンデレラ城、ダンボ、ピーターパン、ミクロアドベンチャーぐらいだった。

お昼寝しなかったので帰りの車では乗って15分でおさるは就寝。帰りは家まで1時間でついた。


12/10

朝履いたズボンが気に入らなかったようで、保育園に着いたときに「見えちゃう」*1と泣きそうになっている。でも部屋に入ったら、パートの保母さんから「昨日ディズニーランド行ったの?」と聞かれ顔がほころびご機嫌になった。すんなりとバイバイ。

[おさる保育園、父仕事、ママ家]

お迎えに行ったら「サンタさんからプレゼントもらったよ。」とおさるが嬉しそうにプレゼントの包みを持ってきた。たぶんこのプレゼントは、このあいだのバザーでの収益からだろう。
家に帰ってママと一緒にプレゼントを開ける。プレゼントはウサギの絵のついたコップだった。おさるは嬉しそうにしていた。早速夕御飯の時牛乳を入れてあげた。


*1
おさるはモモが見えるのを嫌がる。またシャツも外に出したがる。
おさる曰く。"ズボンが長いのがおさるお父さん"でかっこいいらしい。
父がおさるのズボンを思いっきりあげてシャツをズボンの中に入れたら、「父ちゃんになっちゃうでしょ」と自分でズボンを下げてシャツも外に出していた。よくわからない。

以前よく、夏で暑いのに長ズボンを履こうとしていて、それを半ズボンに変えるよう説得するのに苦労した。


12/11(金)

朝靴を履くときにママが履かせたら「もっときつく閉めてー」と泣き声。また車に乗るとき、靴を父が脱がしてしまったら自分で脱ぎたかったようで「自分でー」と泣いてしまった。しかし父そのままほおっておく。しばらくすると機嫌が戻った。

[おさる保育園、父仕事、ママ家]


12/12(木)

ママが病院の先生の結婚式2次会に行くので午後は父と2人。
相変わらずお昼寝はしないおさる。おやつを食べた後近くの公園へ散歩。
「誰かさんの後ろにヘビがいる。」
「私?」
「そう」
「キャー」と言いながら逃げる。
をおさるに教えてもらい、2人でなんどもやりながら走っていた。

夜寝るときに
父「明日朝ギンガマンやるから早く寝ようね」
おさる「ここにテレビおいて寝ながら見るといいね。それで朝寝て夜起きて、おさる動物になるの。」
(動物園に行ったときに動物は夜起きて昼寝ているんだよ。と教えたのを覚えていたみたい。)
おさる「犬とかネコとかは夜起きるんだよね。」
などといいながらすぐに就寝。


12/13(日)

今日は秋葉原での買い物ついでに交通博物館に行くことにした。
7:20に起きて父と一緒にギンガマンを見る。魔獣ダイタニクスが復活の話だった。

交通博物館に着いたのは10:00少し前。父は約20年前ぶりにここに来た。
おさるは早速大きな蒸気機関車に乗りご機嫌。博物館内をまわり船の舵があったらおさるは「シェリンダ*1と同じだね。」と言いながら回していた。

操舵士朝見たギンガマンの"シェリンダ"と同じように船の舵を取る。

電車でGO!という運転シュミレーションゲームがあるが、ここ交通博物館でも電車を運転することができる場所がある。ここは常に子供達でいっぱいだった。これは駅を1区間だけ運転手になり運転できる。おさるもならんでやっていたが、常に全開で、止まらなければいけない駅を120 km/hで走りすぎようとしていた。「運転手交代して下さい。」との機械の声で終了。
電車でGO!電車でGO!


*1
シェリンダ(水谷ケイ)とはバルバン(海賊)で、魔獣ダイタニクスの操舵をしている女性。


12/14(月)

12/15、16で父の実家の方でお祭りがあり、それを見に行くため夜実家へ行く。

[おさる保育園、父仕事、ママ家]


12/15(火)<清水のおじいちゃんの家>

おさるひとり早起きで6時頃から遊んでいる。寝ている父の上に乗ったりとうるさい。

そのうちママも起きて一緒に散歩に出かけていった。近くの公園へ行って来たらしい。

食後、"掃除機の先に差し込むせまいところを掃除するやつ"を見つけたおさるは、早速刀にして父や人形を切る。これでひとりでずいぶん遊んでいた。

今回の目的であるお祭りに3人で出かける。
お祭りの所まで大人が歩けば大したことないがおさると一緒だと時間がかかる。このお祭りは出店が1km以上あるのではないかと言うくらい出店の数が多く、歩行者天国になった道の両側に出店が続く。
おさるはおもちゃ屋を見つけてはぐるーと出店内を眺めまた次のおもちゃ屋へと、全てのおもちゃやさんを見た。帰りの道も全てみたのでおもちゃ屋を2回づつ見て歩いたことになる。おかげで「つかれたー」も言わずに歩いてくれた。

おさるはおもちゃが欲しそうだったが、「綿菓子とおもちゃどっちがいい?」に「綿菓子」と答えギンガマンの綿菓子とピカチューカステラを買った。

帰り道父のいとこの子供で、おさるより1つお兄ちゃん"かー君"の家に行く。かー君は風邪を引いているらしく幼稚園を休んでいるらしい。かー君の家にあったウルトラマンガイアの基地がおさるは気になるらしく、父にくっつきながら遠くから見ている。最近産まれた赤ちゃんを見せてもらって帰宅。

家に帰ってからまたおさるは"刀"で遊んでいた。

昼食をとり少ししてから東京へ帰る。


12/16(水)

おさるも疲れただろうからと保育園お休み。
父は久しぶりにひとりで通勤。

[おさるとママ家、父仕事]

久しぶりに父帰りにパチンコ。勝ちました。
今日、Mindstormsの注文をインターネットでやった。来るのが楽しみ。


12/17(木)

今朝父が起きていくと、下半身裸で遊んでいるやつがいた。
おさるは保育園へ行く車の中でひとりでお話をして遊んでいた。

[おさる保育園、父仕事、ママ家]

Mindstorms出荷(米国12/16/98に)したとのメールが来ていた。23日あたりには着くらしい。わくわく。


12/18(金)

夕食後パパとママからちょっと早いけどおさるにクリスマスプレゼントをあげた。
おさるはすごくうれしがっていた。

#6544本当は父が欲しくて買ったLEGOのブロック(#6544)。
1995年の製品でデパートのLEGOコーナーではないので、普通のおもちゃやさんで探して買った。

ギンガレッドママが作ったギンガマン(ギンガレッド)の服。
雑誌の切り抜きを参考にママが作った。ママはこれを作るために毎晩ミシンと格闘していた。


12/19(土)

なぜかおさるは「パチンコしよう」という。なにかとよーく聞くと、床屋さんのことをパチンコだと思ったみたいだ。「とこやさんだよ」と教えたら、「たこやさん」といってた。

父、夕方おさるの散髪をする。今回は刈りあげてみました。いまいちでした


12/23(水)

隣のHくんのママからおさるのクリスマスプレゼントとして"ブルライアット"(TV星獣戦隊ギンガマンの黒騎士のショットガン)をもらった。
おさるはすごーくうれしがっていた。早速ズボンに挟んで"黒騎士おさる"になっていた。

しかし、ブルライアットをあげるつもりなのに困ったなー。でもあげる予定のはセーバーモード(刀)とショットガンモード両方できるのだからいいか。 byサンタクロース


12/24(木)クリスマスイブ

保育園の帰り道、「今日の夜サンタさん来るね」というと嬉しそうにニコニコしていた。

夕食後おじいちゃんからおさるへのプレゼントをあげる。おさるは嬉しくてつい笑ってしまう。
早速父が組み立て。
うーん かっこいい。

寝るときに、「早く寝ないとサンタさんこないかもしれないよ。」の言葉に急いで2階に上がっていくおさる。


12/25(金)クリスマス

枕元にあったクリスマスプレゼントに夜中気づいたらしい。(ママが言っていたが父わからず)
6:30におさるが起きたので見ていたら早速プレゼントを「開けていい?」というので包装紙だけ開けさせる。
開けてみると「ブルライアットだ!」とおさる。ママが「これ欲しかったの?」と聞くと「そうだよ」と答えていた。
喜んでくれてサンタさんは嬉しいだろう。

朝食後、ブルライアットをセイバーモード(刀)にして忍者のように背中に入れていた。

保育園に着くとさっそく保母さんに「ブルライアットもらったの」と報告をしていた。

ママからポケベルをトイレに落としたと携帯へ電話あり。昨日修理から戻ってきたばかりなのに!

[おさる保育園、父仕事、ママ病院へ薬をもらいに行く]


12/26(土)

26〜28日まで父の実家へ帰省。
26日はガリバー王国で遊び、27日は餅つきの予定。

また、正月は家でゆっくりと過ごすことにした。